幼児期 英語教育

幼い時程英語教育が大事

幼児教育としてお勧めなのが、英会話です。
それは赤ちゃんから幼児にかけての聴覚が認識できる範囲は、通常の大人の聴覚と比べて大変幅広いからです。

 

世界中の言語はそれぞれ違いますが、その発音をしっかり聞き取るためにはそれぞれの音域を聞き取れる事が大切なのです。
英語は日本語に比べると、その音域は高い範囲に位置しています。

 

英語のヒアリングや発音は大変難しいですが、赤ちゃんや幼児の頃はまだ日本語の認識威力も低いから、耳が柔軟なのでどんな音域の言語でもしっかり聞き取れるのです。

 

ですので、幼児専用の英会話教室に人気が集まっているのです。

 

そして幼い頃は英語の学習も楽しくカードを活用したり、英語の歌を歌ったりしていたらそれを勉強と思わずに遊びだと思って取り組むからさらに吸収力が高いのです。

 

だんだん大きくなるにつれて日本語ばかりの生活に慣れてしまうので、耳がヒアリング出来る音域も限られてしまいます。
これは一種の慣れですが、それでだんだん日本語以外の音は理解しずらくなってしまうのです。

 

そして英語のレッスンも勉強だという事を認識してしまうので、そうなるとなかなか楽しく学ぶといった事が出来なくなって脳への吸収力も悪くなってしまいます。

 

だからこそ少しでも幼いうちに、楽しく英語を学ぶ事が大切なのです。

 

三つ子の魂百までといったことわざがありますが、一旦脳が英語の音域を理解できるとそれが大人になってからもしっかり身に付けると思うから、まだ音域が定まっていないうちに早めに英語教育をしていく事をお勧めします。